投稿

ファクタリングとは 図解 経営改善ラボ

【PR】








































































ファクタリングとは

ファクタリングは、ビジネスにおける財務手法の一つで、企業が未収納の売掛金(クレジットセールスから生じる売掛金)を早期に現金化するために利用される金融取引です。企業は通常、売掛金を受け取るまで数週間から数ヶ月かかることがあり、ファクタリングはこの現金の待機期間を短縮する手段として重要です。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングは以下のような仕組みで行われます。

  • 1. 企業A(売掛金の発行者)は、企業B(ファクタリング会社)に未収の売掛金を譲渡します。
  • 2. 企業Bは、譲渡された売掛金の一部または全額を即座に企業Aに前払いします。
  • 3. 企業Bは、売掛金の回収を管理し、顧客からの支払いを受け取ります。
  • 4. 支払いが完了すると、企業Bは未収の売掛金から手数料や手数料を差し引いた残額を企業Aに支払います。

ファクタリングの利点

ファクタリングは企業にとっていくつかの利点があります。

  • 迅速な現金調達: ファクタリングを利用することで、企業は売掛金の支払いを待たずに即座に現金を受け取ることができます。
  • リスク軽減: ファクタリング会社が売掛金の回収を管理するため、企業は債権回収のリスクを軽減できます。
  • 資金繰りの改善: ファクタリングを利用することで、企業は資金繰りを改善し、経営資金を効果的に運用できます。
  • 信用評価の向上: ファクタリング会社が債権の信用調査を行うため、企業の信用評価が向上する可能性があります。

ファクタリングの種類

ファクタリングにはいくつかの異なる種類があります。

  • 1. 通常のファクタリング: 未収の売掛金をファクタリング会社に譲渡し、即座に現金を受け取る形式。
  • 2. 逆ファクタリング: 未収の売掛金をファクタリング会社に売却せず、ファクタリング会社が代わりに支払いを行い、売掛金の回収を待つ形式。
  • 3. 一括ファクタリング: すべての未収の売掛金を一度にファクタリングする形式。
  • 4. 逐次ファクタリング: 売掛金を順次ファクタリングし、必要に応じて現金を受け取る形式。

ファクタリングの適用例

ファクタリングはさまざまな業種や状況で利用されます。

  • 小規模企業: 資金繰りが厳しい小規模企業は、ファクタリングを利用して現金を調達し、事業を維持・拡大することができます。
  • 成長企業: 成長中の企業は、売掛金の回収までの待機期間を短縮し、迅速な資金調達を必要とすることがあります。
  • 輸出業: 国際取引において、外国の顧客からの支払いが遅れることがあるため、輸出業者はファクタリングを利用してリスクを軽減します。
  • 新興企業: 新興企業は通常、信用評価が低く、伝統的な融資を受けるのが難しいため、ファクタリングが選択肢となります。

ファクタリングの注意点

ファクタリングを利用する際には注意点もあります。

  • コスト: ファクタリングには手数料や利息がかかるため、コストを考慮する必要があります。
  • 信用調査: ファクタリング会社は債権の信用調査を行うため、企業の取引先によってはファクタリングが難しい場合があります。
  • 影響: ファクタリングを利用することが公になると、企業の信用評価に影響を与える可能性があるため、慎重に検討する必要があります。

まとめ

ファクタリングは企業が未収納の売掛金を早期に現金化するための財務手法であり、迅速な現金調達やリスク軽減の利点があります。異なる種類のファクタリングがあり、様々な業種や状況で利用されますが、注意点も考慮する必要があります。企業は自身の財務状況やニーズに合わせてファクタリングの利用を検討することが重要です。